投稿者「admin」のアーカイブ

これ以上シミを増やさないためにできること

顔のシミで悩み続けること20年近く・・・。

最近は、特に気になるようになって集中的にケアをしています。
レーザーで消すことも考えたけど、割と忙しいので行く暇もなく・・・。

コストを考えると、レーザーでジュッと消したほうが安いかも?とも思いますが、セルフケアで頑張っています。

そして、できてしまったシミのケアはもちろん、まだ出てきていないシミのケアもしっかりしなくては!と思っているところです。

シミ予備軍って?

シミ予備軍とは、シミがまだできていないけど、近い将来シミとして出てきますよーっていう状態です。肌にメラニン色素が沈着している状態です。

このシミ予備軍のシミが出てきてしまったら、また消すのに時間がかかってしまいますよね。
それを未然に防ぐためにできることをしていきましょう!

そもそも、メラニンというのは、紫外線から守るためにできるもの。
紫外線を一気に浴びることや、肌のターンオーバーが乱れることで、肌の代謝とともにはがれおちるものがそのまま残ってしまい、シミになってしまいます。

よくテレビの美容番組などで「シミ予備軍をチェック!」というコーナーがあって、見た目は普通なのに、特別な機械でチェックすると「えーこんなに!?」という展開が繰り広げられていますよね。

化粧品売り場のカウンターなどにもありますので、気になる人はチェックしに行ってみましょう。
私も肌年齢をたまーにチェックしてもらいますが、いつも乾燥気味です・・・。
こちらもなんとかしたい・・・。

自分でできるシミ対策

やはり、一番大事なのが「紫外線を浴び過ぎない」ということになると思います!
冬でも紫外線は降り注いでいますよ。夏だけじゃなく、オールシーズン紫外線対策はしっかりとしましょう。

日焼け止めをこまめに塗りなおしたり、UVカットの化粧下地をつけるなど工夫していきましょう。
腕などにも、シミがでてきますのでuvカットパーカなどを着用するのもオススメです。

そして、乾燥にも気を付けることが大切です。
私は乾燥気味なんですが、乾燥しがちだと、肌の機能が弱くなってしまいますので、紫外線を受けやすくなってしまいます。
しっかりと保湿して、ケアしていきましょう!

その他、美白化粧品を使って予防することも効果的ですね。
肌の代謝をよくするために、食事に気をつけたり肌にとって良い生活を送っていきたいですよね。

肌のターンオーバーを高めていくこともシミケアになりますので、ターンオーバーを正常にしていくというのも大切です。

 

メイクでシミを消す!

このシミさえなければ、顔が明るく見えるのに・・・

そう思ってため息をついてしまうことはありませんか?

私もそうなんです!シミに悩まされる日々を送っています。

クリームを使ったり、ビタミンCを飲んだりといろいろ対策はしていても、やはり即効性はありませんよね。
地道な努力をコツコツしているところです。

でも、そんな中でも毎日メイクもするし、出かける用事もありますよね。
私は専業主婦なのですが、ママ友とランチに行くこともあったり、
学校行事に参加したり・・・と出かけることも多いです。

ママ友を見ていても、若く見える人はやっぱり、メイクも違う。
バッチリメイクをしている人もいれば、薄化粧なのにキレイな人・・・。
年齢もけっこうバラバラなのですが、肌の状態も色んな人がいますね。
この人、年上でしょ、と思っている人が5歳も下だったりすることも!
美肌で、年齢不詳の人もいますよね。

私もシミなんてないよっていう顔をして歩いていますが、実は同じように悩んでいる人も多いのではないかと思っています。

厚化粧にしてシミを隠すよりも、薄めでナチュラルメイクなのにシミが目立たない・・・
これが私の目標です。

シミを隠すメイク方法って?

シミを隠すメイク方法といえば、コンシーラーを使うことですよね。
シミの上に塗って、目立たないようにしてくれます。

ペンシルタイプのものやスティックタイプのもの、パウダータイプのものと、たくさん種類が出ています。

シミを隠したい場合は、肌よりちょっと暗めの色をチョイスしましょう。
その上からファンデーションを塗ると、目立たなくなりますよ。

コンシーラーの順番は?

シミだけでなく、美肌にもしてくれるコンシーラーですが、意外といつ使ったらいいの?と迷ってしまうことも。

正しい順番をチェックして、美肌を作っていきましょう♪

パウダーファンデーションの場合は、ファンデーションを塗る前です。ファンデーションの上から塗ってしまうと、よれてしまいます。

リキッドタイプ、クリームタイプのファンデーションの場合は、ファンデーションの後に塗ります。先にファンデーションをなじませておくと、キレイな仕上がりになりますよ。

コンシーラーは、肌に乗せた後、薬指を使って馴染ませていくことがポイントです。
薬指を使うと、余計な力が入らないのできれいに入りますよ♪

カバー力の高いものもたくさん出ていますので、シミケアをしつつ、昼間はファンデーションでかくしてシミをなくしていきましょう!

肌の仕組みを知ろう

シミに悩む女性は齢を重ねるとともに増えていく傾向にあります。

私も、もちろんその中の一人です。
というか若いころからずっと悩んでいますが・・・。

こめかみのシミがずっと気になっていたんですが、娘から

「鼻のところにほくろがあるよ」

と言われてビックリ。そんなところにほくろはありません・・・。

よーく見て見ると、(というか見なくてもわかるけど)
ほくろのようなシミが・・・。

こめかみばかりに気をとられていて、小さなシミが増えているのに気づいていなかったんですね。
よーく見ると(見なくても分かるんですが)
頬の上の方にもシミが・・・。

ショック!!です。いつもは化粧で隠せているけど、もうすっぴんでコンビニへは行けない!と思いました・・・。最近まで普通に行ってましたが、急に無理ムリーって感じになってしまいました。

どうしてシミができてしまうんでしょうか?
肌の仕組みを知って、シミの対策などを考えていきましょう。

肌のターンオーバーって知っていますか?

化粧品のCMなどでもよく聞く言葉ですよね。
ターンオーバーというのは、新陳代謝のことで、皮膚の新しい細胞は、基底層というところの一番奥で作られます。それが少しずつ押し上げてきて角質細胞となって、最後ははがれおちるという代謝のことになります。

肌のターンオーバーは約30日、28日と言われています。が!40代にもなると代謝が悪くなってしまうので40日とも・・・。自分も、どんどん代謝が悪くなってきてるなぁと感じているので、時間がかかっていそうです。

そのターンオーバーが乱れると、肌荒れやくすみ、しみなどにも関係してくるようになります。
化粧のノリも悪くなってしまいますし、乾燥肌になってしまうことも・・・。

ターンオーバーが乱れないように気を付けるっていうことも大切なんですね。
逆に言うと、ターンオーバーを促進することでシミも薄くなるということですよね。

肌をど

 

 

美顔器でシミを消せるの?

肌の悩みはいくつになっても尽きないもの・・・。
というか、年を重ねるごとにどんどん増えますよね。

シミやたるみ、小じわなど、気になることはたくさんあります。
色々とお手入れをしているけど、一気にまとめてやりたい!とか思ってしまいます。

家にある美顔器を使って、たるみだけでなくシミを消せるのか?!という疑問もでてきませんか?
美顔器によっては、シミに効果があるもの、リフトアップ効果があるものと様々です。

今回は、美顔器でシミを消したい♪ということについて調べてみました。

美顔器でシミを消すためには、

・美白成分を導入できること

・ターンオーバーを促進すること

が条件となってきます。

美白成分が配合されたジェルや美容液を導入することで美白効果を得ることができたり、メラニン色素をなくしていく方法です。

ターンオーバーを促進することは、ターンオーバーを促すことによって、メラニンを出していくことになります。

出来てしまったシミを薄くするためには、メラニンを排出させたり、美白美容液などで、出来てしまったメラニンを薄くしたり白くしたりすることが有効なので、これを美顔器でやろう!ということですね。

人気があるのは、エステナードソニックROSEや、ツインエレナイザーPRO2といったところです。
どちらも、シミに効くという口コミがあるので、見逃せないですよね。Re;Born+(リボーンプラス)も、しみやたるみ、くすみにも効果があるので注目を浴びています。

用途に合ったものを選んで行きたいですね。たるみに人気があるエステナードリフティのシミ効果も気になるところ・・・。

美顔器って、本当に色々な種類がありますよね。美肌目的、リフトアップ目的・・・。
シミ対策なら、イオン導入をしているものを選びましょう。
美容液やジェルがセットになっているものも多いので、コスパなどもよく考えて購入を検討してくださいね。
定期購入はお得ですが、続ける自信がない場合は、お試しのみで購入できるところなどがオススメですよ。

美顔器によって、得意なもの、不得意なものがあります。たるみやしわには効くけど、シミには効果がないものもあるので、選ぶときにはよーくチェックしてくださいね。

返品可能かどうかも、購入するときのポイントのひとつです。
30日返品保証などがあると安心ですよね。

美顔器を使ってしみやそばかすとサヨナラしたい!という方はぜひ購入を検討してみて下さいね。

 

 

シミ消しアイテムはどんなものがある?

毎日のケアでは、なかなか思うように消せないのがシミです。

どのようにアプローチしていけば、消えてくれるの?と頭を悩ませる方も多いでしょう。
すぐに消える!ということはできなくても、そのうち消えてくれたら、薄くなったら・・・と思ってしまいます。

シミを消すアイテムや対策の仕方などを調べてみました!

シミを消すためにできることって?

シミを消すためにできることは、大きく分けると3つの方法があります。

・レーザー治療

・化粧品

・医薬品(美白サプリなど)

レーザー治療は、美容皮膚科で、バチバチっとレーザーを当ててシミを消す方法です。
ガンコなシミも、レーザーを当てることで、しばらくするとかさぶたのように剥がれます。

レーザーを当てた後は、紫外線に当たらないように気を付ける、など注意事項もありますが、実は私はとっても興味があります。
もう消えないでしょーって思ってる私のシミもこれなら消えてくれるのかな?と思っているのですが、調べてみると、レーザーをやってくれるところは激混み、自宅からは少々遠い、ということで迷っています。

化粧品は、美白成分を配合したもので、色素沈着によるシミへの効果があります。
メラミンの排出を促してくれたり、ビタミンC誘導体が入っているものや、ブライトニング効果があるものなどがあります。

美白サプリ等の医薬品は、身体の中からキレイにしていくものになります。
内服することで、内側からシミにアプローチしていくわけですね。
美容成分がたくさん入っているものも多く、シミだけでなく肌全体の状態がよくなるという点もおすすめです。

ビタミンCや、Lシステインという言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか?
メラニンの発生を抑えたり、ターンオーバーを促したりという効果が期待できますよ。

ひとことにシミと言っても、いろいろと種類がありますので、肝斑の場合はこれ、老人性色素斑に効くものはこれ、そばかすに有効なものは、ニキビ跡のシミにはこちら・・・と変わってきます。

自分の目的に合うものを選んでいくということも大切ですね。
そして、即効性を求めるのであれば、やはりレーザーが一番早く、長期的なものだと医薬品サプリ等になると思います。

長い目で見て、今潜んでいるシミの対策をしていくことも重要ですよね。
私も、身体の中からもキレイにしていきたいと思っています。
シミのない肌に憧れます!
めざせマイナス5歳肌、ということで頑張っていきましょう♪

 

 

 

シミができないようにするために

出来てしまったシミの対策も必要ですが、やっぱり最近思うのは、新しいシミを新たに作らない!ということだと思います。

出来てしまってからでは遅いんですよね。

私の気になっているシミも、出来てしまう前に何とかしたかった・・・と思ってしまいます。
加齢とともに、また新しいシミができたり、くすんだ感じがしたり、となかなか思うようにはいかないです。

そういえば、妊娠中はすごくシミが増えました。妊娠すると肝斑が出る、という人も多いらしくこれにはビックリしましたが、産後しばらくすると落ち着きました。
でも、今まであったシミはやっぱり残ってます・・・。

シミができないようにするためにはどのようにするのがよいのでしょうか?

紫外線対策をしっかりと!

やっぱり、シミの大きな原因というと、紫外線ですよね。

紫外線を浴びることで、シミの元であるメラニン色素が発生します。
これは、肌を守ろうとすることで起きるもので、体内に入ってこないようにするために一時的にできます。
そして、それは肌のターンオーバーと共に、剥がれていくようになっているのですが、残ってしまったものがシミとなってしまうんです。

紫外線を一気に浴び過ぎた、老化などによって、メラニン色素が大量にできてしまった場合にできるとされています。

老化はある程度仕方ないとしても、紫外線は気を付けることで排除することができます。
そして、紫外線によるシミが大半ということなので、これはやはり、紫外線対策をしっかりするしかないですよね!

シミができてくるのは、数か月後から数年後!今しっかりと対策しておくことで、未来の自分への負担を軽くしてあげたいですね。

日焼け止めをしっかり塗る!

紫外線対策で、一番にやりたいのが、日焼け止めをしっかり塗ることです。
適量を守り、しっかりと塗っていきましょう。
こまめに塗りなおすことも大事です。2~3時間ごとに塗りなおすことができればベストです!

化粧品にも、日焼け止めが入っているパウダーなどがありますので、そういったものを使うのもよいですね。
SPFが高いものほどよい、というイメージかもしれませんが、シミやそばかす予防であれば、15~20くらいあればよいとされています。

化粧下地にSPF〇〇と書いてあるものも多いので、買う時にはチェックしておきましょう。

外出するときは、サングラスも必須ですよ。目の日焼けも防ぎましょう。

しっかりと、日焼け止めを塗って、シミやそばかすがこれ以上増えないようにしていきたいですね。

シミを薄くする方法って?

このシミが無かったら、あと少しは若く見えるのに・・・。
このシミがもうちょっと薄かったらお化粧で何とか隠れるのに・・・。

そんなことを思っていませんか?

いつの間にかできているシミ。

シミが出来てしまったらもう消えないのかな?と心配ですよね。

私も憎きシミを薄くしたいと常日頃から思っています。
シミ用の美容液を使ったり、シミ用のスキンケアに変えてみたり・・・。

どのようにすればシミが薄くなるのかについて考えてみましょう。

化粧品で薄くしたい場合は、ハイドロキノンという成分が入っているものを選びましょう。
シミには色々な種類がありますが、全てのシミに効果があるというのがこのハイドロキノン。

ハイドロキノンは、シミの原因であるメラニンを抑制したり減少させたりという効果があります。
ハイドロキノンは効果も期待できますが、刺激が強いという側面がありますので、肌の弱い人は注意が必要です。使う前にはパッチテストがオススメです。

また、ハイドロキノンを塗った後は、紫外線を浴びないように気を付けることが大切です!!

私は、ビーグレンのハイドロキノンのものを使ってみましたが、すごくヒリヒリしたのでそのまま使わなくなってしまいました。ハイドロキノンは使用期限が短いので、その点も注意してくださいね。
自分の肌に合うものを選ぶということも大切ですね。

その他にも、メラニンの発生を抑えるようなクリームも効果が期待できます。
美白クリームもたくさん販売されていますよね。
ビタミンC誘導体やアルブチン、ルシノールといった成分が入っているものが多いです。
まずは成分をチェックしてみましょう。

飲み薬で薄くなる?

美容皮膚科でも内服する薬が出されますが、市販のものでも効果が期待できます。
トラネキサム酸で、シミを薄くしたり美白効果を高めることができます。

私も今とっても興味があるんですが、まだ手に入れていません。
今ちょっと服用している薬があるので、控えているのですが、体調がよくなったら試してみたいなぁと思っています。

身体の内側からキレイにしていくというのも魅力的ですよね。

あとは、やっぱり紫外線対策をしっかりすることです。
シミとしては出てきていないけど、シミ予備軍はたくさんあります。
紫外線が主な原因なので、ここから遠ざけるような努力も必要ですよね。
夏以外でも、日焼け止めをしっかり塗る、キチンとスキンケアをする、とか基本的なことにきをつけるだけでも数年後には違ってくるはずです。

シミの原因は?消すことはできる?

実は、私ずーーーーっとシミに悩んでいるんです。

たぶん、かれこれ10年ほど…。
左のこめかみ部分にあざのようなシミがあります。


消えないかなーと思って、色々試してきているのですが、
最近ちょっと薄くなってきたかな?どうかな?っていう感じです。

この気になるシミを消すためにどうしたらよいのか試行錯誤しているところです。
レーザーも気になるけど、なんだか抵抗があるので自宅でなんとかできないかと考えています。

でも、最終的にはレーザーもありかな?なんて思っているところです。
シミで悩んでいる人、一緒に対策を考えていきませんか?

シミは老け顔に見られる原因

なんといっても、シミがあるだけで顔が老けて見えてしまいますよね。
実年齢プラス5歳とも10歳とも・・・!

それは何としても避けたい!ちなみに、私のシミは1円玉くらいの大きさです。
けっこう大きいでしょ?それをコンシーラーでかくして化粧をしています。

やっぱり、化粧を落として鏡を見ると、シミがあるせいで老けて見えます。
最近は小さなシミも気になるようになってきて、齢を取ったなぁと感じてしまいます(><)

シミの原因は紫外線?

シミができる原因は老化のせいだと思っていませんか?
私は20代くらいからシミが出てきたので、老化のせいだけではないんですよ。

なんと、紫外線が原因ということが約8割だそうです。
紫外線は、シミだけでなくたるみやくすみの原因にもなってしまいます。

恐るべし紫外線!!ですよね。
紫外線が肌に与える影響は計り知れません。

それに加齢が加わると・・・。Wパンチどころかトリプルパンチくらいのダメージです。

紫外線を浴びないように気をつけよう

紫外線を浴びることで、肌の奥の真皮層にある、メラノサイトがメラニン色素を作り出します。
メラニン色素は、肌に入ってきた紫外線を受け止め細胞を守っているのです。

そして、そのメラニン色素はターンオーバーによって剥がれ落ちていくのですが、長時間紫外線を浴び続けるなどした場合、バランスが崩れて、メラニン色素が居座ってしまうことがあります。
それが、シミになってしまうんですね・・・。

若いうちは、ターンオーバーも盛んですが、年と共に時間がかかるようになります。
でも、紫外線は浴び続けているわけで、大人になってシミがどんどん増えてしまう!というのは当然のことかもしれませんね。

若い時よりも更に!紫外線対策が必要なんですね。今あるシミの対策も必要ですが、今眠っているシミの予備軍たちにも要注意です。