シミ消しアイテム」カテゴリーアーカイブ

メイクでシミを消す!

このシミさえなければ、顔が明るく見えるのに・・・

そう思ってため息をついてしまうことはありませんか?

私もそうなんです!シミに悩まされる日々を送っています。

クリームを使ったり、ビタミンCを飲んだりといろいろ対策はしていても、やはり即効性はありませんよね。
地道な努力をコツコツしているところです。

でも、そんな中でも毎日メイクもするし、出かける用事もありますよね。
私は専業主婦なのですが、ママ友とランチに行くこともあったり、
学校行事に参加したり・・・と出かけることも多いです。

ママ友を見ていても、若く見える人はやっぱり、メイクも違う。
バッチリメイクをしている人もいれば、薄化粧なのにキレイな人・・・。
年齢もけっこうバラバラなのですが、肌の状態も色んな人がいますね。
この人、年上でしょ、と思っている人が5歳も下だったりすることも!
美肌で、年齢不詳の人もいますよね。

私もシミなんてないよっていう顔をして歩いていますが、実は同じように悩んでいる人も多いのではないかと思っています。

厚化粧にしてシミを隠すよりも、薄めでナチュラルメイクなのにシミが目立たない・・・
これが私の目標です。

シミを隠すメイク方法って?

シミを隠すメイク方法といえば、コンシーラーを使うことですよね。
シミの上に塗って、目立たないようにしてくれます。

ペンシルタイプのものやスティックタイプのもの、パウダータイプのものと、たくさん種類が出ています。

シミを隠したい場合は、肌よりちょっと暗めの色をチョイスしましょう。
その上からファンデーションを塗ると、目立たなくなりますよ。

コンシーラーの順番は?

シミだけでなく、美肌にもしてくれるコンシーラーですが、意外といつ使ったらいいの?と迷ってしまうことも。

正しい順番をチェックして、美肌を作っていきましょう♪

パウダーファンデーションの場合は、ファンデーションを塗る前です。ファンデーションの上から塗ってしまうと、よれてしまいます。

リキッドタイプ、クリームタイプのファンデーションの場合は、ファンデーションの後に塗ります。先にファンデーションをなじませておくと、キレイな仕上がりになりますよ。

コンシーラーは、肌に乗せた後、薬指を使って馴染ませていくことがポイントです。
薬指を使うと、余計な力が入らないのできれいに入りますよ♪

カバー力の高いものもたくさん出ていますので、シミケアをしつつ、昼間はファンデーションでかくしてシミをなくしていきましょう!

美顔器でシミを消せるの?

肌の悩みはいくつになっても尽きないもの・・・。
というか、年を重ねるごとにどんどん増えますよね。

シミやたるみ、小じわなど、気になることはたくさんあります。
色々とお手入れをしているけど、一気にまとめてやりたい!とか思ってしまいます。

家にある美顔器を使って、たるみだけでなくシミを消せるのか?!という疑問もでてきませんか?
美顔器によっては、シミに効果があるもの、リフトアップ効果があるものと様々です。

今回は、美顔器でシミを消したい♪ということについて調べてみました。

美顔器でシミを消すためには、

・美白成分を導入できること

・ターンオーバーを促進すること

が条件となってきます。

美白成分が配合されたジェルや美容液を導入することで美白効果を得ることができたり、メラニン色素をなくしていく方法です。

ターンオーバーを促進することは、ターンオーバーを促すことによって、メラニンを出していくことになります。

出来てしまったシミを薄くするためには、メラニンを排出させたり、美白美容液などで、出来てしまったメラニンを薄くしたり白くしたりすることが有効なので、これを美顔器でやろう!ということですね。

人気があるのは、エステナードソニックROSEや、ツインエレナイザーPRO2といったところです。
どちらも、シミに効くという口コミがあるので、見逃せないですよね。Re;Born+(リボーンプラス)も、しみやたるみ、くすみにも効果があるので注目を浴びています。

用途に合ったものを選んで行きたいですね。たるみに人気があるエステナードリフティのシミ効果も気になるところ・・・。

美顔器って、本当に色々な種類がありますよね。美肌目的、リフトアップ目的・・・。
シミ対策なら、イオン導入をしているものを選びましょう。
美容液やジェルがセットになっているものも多いので、コスパなどもよく考えて購入を検討してくださいね。
定期購入はお得ですが、続ける自信がない場合は、お試しのみで購入できるところなどがオススメですよ。

美顔器によって、得意なもの、不得意なものがあります。たるみやしわには効くけど、シミには効果がないものもあるので、選ぶときにはよーくチェックしてくださいね。

返品可能かどうかも、購入するときのポイントのひとつです。
30日返品保証などがあると安心ですよね。

美顔器を使ってしみやそばかすとサヨナラしたい!という方はぜひ購入を検討してみて下さいね。

 

 

シミ消しアイテムはどんなものがある?

毎日のケアでは、なかなか思うように消せないのがシミです。

どのようにアプローチしていけば、消えてくれるの?と頭を悩ませる方も多いでしょう。
すぐに消える!ということはできなくても、そのうち消えてくれたら、薄くなったら・・・と思ってしまいます。

シミを消すアイテムや対策の仕方などを調べてみました!

シミを消すためにできることって?

シミを消すためにできることは、大きく分けると3つの方法があります。

・レーザー治療

・化粧品

・医薬品(美白サプリなど)

レーザー治療は、美容皮膚科で、バチバチっとレーザーを当ててシミを消す方法です。
ガンコなシミも、レーザーを当てることで、しばらくするとかさぶたのように剥がれます。

レーザーを当てた後は、紫外線に当たらないように気を付ける、など注意事項もありますが、実は私はとっても興味があります。
もう消えないでしょーって思ってる私のシミもこれなら消えてくれるのかな?と思っているのですが、調べてみると、レーザーをやってくれるところは激混み、自宅からは少々遠い、ということで迷っています。

化粧品は、美白成分を配合したもので、色素沈着によるシミへの効果があります。
メラミンの排出を促してくれたり、ビタミンC誘導体が入っているものや、ブライトニング効果があるものなどがあります。

美白サプリ等の医薬品は、身体の中からキレイにしていくものになります。
内服することで、内側からシミにアプローチしていくわけですね。
美容成分がたくさん入っているものも多く、シミだけでなく肌全体の状態がよくなるという点もおすすめです。

ビタミンCや、Lシステインという言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか?
メラニンの発生を抑えたり、ターンオーバーを促したりという効果が期待できますよ。

ひとことにシミと言っても、いろいろと種類がありますので、肝斑の場合はこれ、老人性色素斑に効くものはこれ、そばかすに有効なものは、ニキビ跡のシミにはこちら・・・と変わってきます。

自分の目的に合うものを選んでいくということも大切ですね。
そして、即効性を求めるのであれば、やはりレーザーが一番早く、長期的なものだと医薬品サプリ等になると思います。

長い目で見て、今潜んでいるシミの対策をしていくことも重要ですよね。
私も、身体の中からもキレイにしていきたいと思っています。
シミのない肌に憧れます!
めざせマイナス5歳肌、ということで頑張っていきましょう♪